葛飾区商店街連合会について

総会の報告

27年度定期総会概要

平成27年5月27日、区商連第64回定期総会並びに区振連第12回通常総会がテクノプラザかつしか大ホールにて行われました。
会員の皆様方のご協力により、全議案を満場一致で、承認、決定をいただきました。 

その後、今年度、葛飾区商連が掲げる三つの大きな事業ついて会長より報告がありました。

第一「かつしかプレミアム付商品券」の発行
区商連にとって、初めてとなる「かつしかプレミアム付商品券」の発行です。葛飾区のご支援を得て、20%のプレミアがつく額面5億7千万円の商品券を、7月25日から、発売致します。本年2月に成立した政府の「緊急経済対策」に基づくものであり、景気回復の恩恵に、まだ十分浴していない区民の皆様の消費を喚起し、同じような状況にある私共商店街をご利用いただくことで、地域経済を活性化しようとするものであります。
また使い勝手を考え、大型店など多くの事業所で広くご利用できます。     
葛飾区内の経済活性化に向けての確かな道筋をつける第一歩となるものと、大いに期待しております。

第二「かつしかフードフェスタ2015」への参加
昨年青木区長が大成功を収められた「かつしかフードフェスタ2015」への参加です。本年度は、私共区商連も加盟会員を増やしており、総力を挙げて、この「食」の一大イベントが、大成功を収めるよう、その役割を全う致します。

第三「広域支援型商店街事業へ」チャレンジ
今年度で3年目となる、全額補助が得られる広域支援型商店街事業にチャレンジ致します。今年は、江戸川区商店街連合会とタッグを組みます。 
アイディアが勝負で、年々、競争が激しくなっており、これからが勝負です。これまで蓄積したノウハウを生かし、さらに知恵を絞って、下町葛飾の商店を元気にするよう、皆様方のご支援ご協力を賜り、幹事区商連として、事業推進に向け、リーダーシップを発揮して参ります。

厳しい商業環境の中でございますが、時代の変化に手をこまねいてはいられません。「地域に生きる商店街が、元気になってこそ、葛飾全体の地域経済が活性化する」。
「地域に生きる商店街」は、「区民の皆様の暮らしの場」でもあります。区との協働は無論の事、警察署、消防署との連携を深め、地域にとって、安全、安心できる場所となるよう努めて参ります。
                                      
                                         
○2015年度総会報告(26年度事業報告)
○2015年度総会報告(27年度事業計画)
○2014年度総会報告(25年度事業報告)
○2014年度総会報告(26年度事業計画)
○2013年度総会報告(24年度事業報告)
○2013年度総会報告(25年度事業計画)