エリアからの紹介

高砂・柴又エリア

自然いっぱいの緑溢れるところ

「寅さん」でお馴染みの「柴又」から南に「高砂」「鎌倉」へと続き、江戸川区に繋がる下町人情溢れるエリア。

江戸川の景観が観光者の心を和ませてくれる下町の魅力あふれるエリア。
葛飾区内で一番古い商店街が、松竹映画「男はつらいよ」の「寅さん」で有名な「柴又」にあります。
今でも映画の画面に出てくるままの街並みを保つ為に地域住民みんなで頑張っています。
世界的にも有名な観光名所に頼るばかりではありません。
音楽のあふれる街づくりを行っている「高砂」や地域密着型の落語会を定期的に開催している「鎌倉」の近隣エリアにも行った人でないと知る事の出来ない楽しい景色があります。
~食べ歩き・渡し船・サイクリング~
柴又駅を降りると、寅さんの銅像が出迎えてくれます。 ここから直ぐに食べ歩きが始められます。 食べ歩き以外にも、昔ながらの伝統の味を受け継いだ料理屋も多く存在します。 参道から柴又帝釈天を抜けると「寅さん記念館」、都内に残る唯一の渡し舟「矢切の渡し」に到着です。 レンタサイクルで江戸川堤のサイクリングも人気です。
~年に1度の大宴会!高砂音楽祭~
年に1度、高砂北公園で開催される「高砂音楽祭(高砂ウッドストック)」
伝説の野外ライブ「ウッドストック」のような楽しく夢のある音楽の祭典として、地域の商店街が合同開催している「大宴会」です。
葛飾区を音楽で一つに繋げて行きたいという理想の元、毎年、様々な新しい内容の催しが行われております。
地域にある複数の商店街が1つのイベントを行う事で、商店街の枠を越えた近隣住民の方々との繋がりがとても深い、消費者に優しい商店街です。
~明るい笑いが聞こえる神社~
鎌倉地区では年3回(3月・8月・11月)、定期的に「まんだら出前寄席」という落語会を開催している。木戸銭は500円。
「わざわざ浅草や上野などに足を運ぶのではなく、地域密着型の落語会を」とスタート。
会場は主に鎌倉八幡神社。
老若男女が共に「ふれあい」「いこいの場」ともなれるよう、装飾灯等の街の外観の整備。インターロッキングのカラー舗装により、雨天でも滑ることのない安全も配慮された商店街もあります。

昔ながらの景観の街ではありますが、各商店街ではインターネット等を活用した、時代のニーズに沿った街づくりも行っております。

  • 高砂南町商友会
    高砂南町商友会
  • 高砂商店会
    高砂商店会
  • 住吉商店会
    住吉商店会
  • 柴又一丁目商店会
    柴又一丁目商店会
  • 柴又中央会
    柴又中央会
  • 柴又明神会
    柴又神明会
    • 鎌倉本通り商店会
      鎌倉本通り商店会
    • 千代田通商店会
      千代田通商店会

5-04tajasagoebisu-120
高砂エビス通り商店会