7つのエリアの下町ガイド

金町・水元エリア

自然いっぱいの緑溢れるところ

水と緑の囲まれた葛飾区の最北端エリア。千葉・埼玉との県境に位置する、都内で唯一の水郷風景を持つ「水元公園」子供たちが乗馬体験もできる「ポニースクールかつしか」東京理科大学葛飾キャンパスに併設された「にいじゅくみらい公園」など、お買い物の帰りに気持ちがほっこりする景観も魅力的です。

  • 金町浄水場
    金町浄水場

  • 東京理科大学葛飾キャンパス

  • 京成電鉄
  • 水元公園
    水元公園

~街を花でいっぱいに!~
最寄駅は「JR金町駅」「京成金町駅」2つの金町駅から派生する多くの商店街の方々が、自店の店頭や街の様々な場所にハンギングバスケット(花の鉢植え)を設置する事で、街全体のいろどりと明るい雰囲気の向上する努力を行っております。かつては駅の北西にあった大きな製紙工場の跡地に2013年、東京理科大学金町キャンパスが開校いたしました。これにより、金町周辺エリアの商店街は学生向けのサービスが特に充実した内容になっているのも特徴的です。

~葛飾で作ってます!葛飾元気野菜~
都内でもトップクラスの野菜の生産が行われている葛飾区ですが、その中で最も農作物の生産が多い事も、このエリアの事ではお知らせしたい事です。葛飾区内の地元生産農家で育てられた「葛飾元気野菜」は、田舎をもつ近隣の消費者の方々からは『懐かしい』『味が濃厚』と喜ばれております。葛飾元気野菜は体の栄養だけでなく、野菜を「育てた人」と「食べる人」の繋がりを作る心の栄養にもなっています。
葛飾元気野菜HP

~金町は洒落た大人の社交場~
金町駅周辺の13件の飲食店が協力をして「KANAMACHI BAR MAP(カナマチバーマップ)」を製作・配布を行う等、商店街同士だけでなく、同業種の個人商店の繋がりも持っております。

~お買い物ついでの地元散歩~
大岡越前の中にも登場する「しばられ地蔵」へは、駅前のお買い物からの気分転換に歩いて行けます。(東水元2-28-5)大正時代の木造校舎「葛飾区教育資料館」などもあります。(水元4-21-1)

新しい風が吹いている中、地元に根差した高齢者にも優しい個人商店も多く頑張っているエリアです。